2011年01月11日

地域活性化におけるメディアの役割


1期生 佐藤

人が作り上げていく社会、そして地域。その地域が形を変えつつある。人の集まるまちがあれば、逆に人の減っていくまちがある。そして生まれたのが<地域活性化>という問題である。シャッターの並ぶ商店街や、閑散とした街並みがメディアでは映し出されている。多くの地域でこのような問題を抱え、どうにかしようと奮闘している。
様々な場面で使われている<地域活性化>という言葉だが、人それぞれ考え方は違い、その実態はとても曖昧なものである。私が地域活性化として浮かべるのは、単純だがまちに活気があふれているというイメージである。正直に言えば、どうなったら「活性化した」と言えるのか分からない。ただ言えることは、現代人の多くが自分の住むまちのことをよく知らず、誇りを持つことが出来ないということだ。これは特に若者に言えることではないだろうか。実際の私がそうだったように。今思えば、自分の生まれ育ったまちを誇れないことは悲しいことだと思う。ただ何も考えずに都会にあこがれていた。私のような若者は少なくないはずだ。そういう人たちに1歩外から自分の住むまちを見直してほしい。
このような問題を解決するためにメディアが糸口になるのではないかと私は考えている。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなど、現代社会において様々なものへと形を変え、そしてどこにでも溢れているメディアという存在。誰もが接することができるものだからこそ効果があるのではないだろうかと思う。現代の人々はメディアという媒介を通して日々溢れる情報を取捨選択しているのだ。そして現代人の生活において切り離せない情報源であり、娯楽となっている。若者はインターネットやテレビで情報を得るし、高齢者は新聞やラジオを利用する。形は違うが、このメディアを利用し、普段交流することのない若者と高齢者のふれあいのきっかけに、今故郷に住んでいない人が故郷を思い出し、いつかは帰るきっかけにでもなればいいと考えている。高齢者は文化や歴史を守っていく力を持っているがそれを動かす力を持っているのは若者なのだと私は考えている。まちを活性化させていくには高齢者だけでなく、若い人の存在、そして相互の協力が必要なのだと私は考えている。
posted by カトハルゼミ at 18:58| 社会学一般系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イケメン論〜女性によるイケメン芸能人との脳内恋愛妄想〜」

「イケメン論〜女性によるイケメン芸能人との脳内恋愛妄想〜」

1期生 小澤

[主題・関心]
私はイケメン芸能人が好きだ。好きな俳優が出演しているものは必ずチェックするようにしている。また、握手会などのイベントにも参加している。友人にもイケメン芸能人の追っかけをしている子もいる。そのため、イケメン芸能人を卒論のテーマにすることにした。

1章では、過去にどのようなイケメン芸能人にハマっていったかを振り返りながら、論文で解き明かしたい謎、「イケメン芸能人は何故必要なのか」を提示する。

2章では、「イケメンとは何か」について追及する。辞典や先人の著書から、イケメンの定義を追及する。その定義から、自分なりに、イケメン芸能人を容姿に焦点を当てて分類する。また、容姿以外にイケメン芸能人に必要な要素とは何かを考える。

3章では、「イケメンの魅力とは何か」について調べる。イケメン芸能人が好きな友人2名にインタビューし、その回答から、イケメン芸能人の魅力とは何かを追及する。

4章では、「私にとってのイケメン芸能人とは何か」を考える。私は、脳内で恋愛妄想をする際に、イケメン芸能人を使うことがあるため、女性の脳内恋愛妄想に焦点を当てて考えていく。

5章は、2〜4章をまとめ、私なりの「イケメン芸能人は何故必要なのか」を述べる。

posted by カトハルゼミ at 16:18| 社会学一般系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーイズラブ論 〜腐女子がみる二次元の男子〜


タイトル:ボーイズラブ論 〜腐女子がみる二次元の男子〜
1期生 泉田



“腐女子”とは男性同士の恋愛や性交渉を描いた漫画・小説である“ボーイズラブ”を好む女性のことである。
私はこの“腐女子”である。近年メディアに取り上げられたりと、よく話題になる“腐女子”と“ボーイズラブ”であるが、これらはメディアに取り上げられるほど<特殊な存在>なのだろうか。
多くの人が“腐女子”や“ボーイズラブ”に興味をもち、様々な考察を繰り返しているが、私は“ボーイズラブ”とはただの漫画や小説のジャンルであり、その1種類であると考える。
あくまで“ボーイズラブ”とは文化の1つであり、非リアルにおいて禁忌を楽しむものではないだろうか。 なにも<特別な存在>ではないのではないだろうか、と考えたのである。
この“腐女子”と“ボーイズラブ”とは何であるか、について私は女性オタクに多い“ドリーマー”との比較や、近年話題の“男の娘”などの第三の性別の魅力などから考えていこうと思う。
また、三次元の“ゲイ”からみた“ボーイズラブ”とは「本当のゲイの世界ではない」という意見も含めこうした二次元におけるセクシュアルマイノリティの描写と三次元との比較や、ジェンダー論を織り交ぜながら私なりの“腐女子論”と“ボーイズラブ論”を展開したい。
“腐女子”とは<萌え>を何処までも追求し、二次元を拡張させていくものなのである。

この論文では以上のことを5章立てで書いている。
posted by カトハルゼミ at 16:16| サブカル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもたちとメディア〜僕たちを繋ぐケータイ〜


タイトル:子どもたちとメディア〜僕たちを繋ぐケータイ〜

加藤ゼミ 現代社会学部1期生 五百崎

私が卒論のテーマに挙げるのは「子どもたちとメディア」についてである。私たちが幼い頃はほとんど持っていなかったアイテムである携帯電話。しかし小中学生の所持率も高くなっているのは何故なのだろうか。
私が考える1つの大きな理由は、「ゆとり教育が生み出した歪み」ではないかと考える。我が国日本は、1980年代から順次段階的に移行準備を進めてきて、2000年代から学習指導要領改正に従いゆとり教育の実質的な開始となった。しかし実状はゆとりをもたせた時間の穴埋めを必死にしている子ども達ばかりであった。ゆとり教育をすることにより、空いた時間は私的な時間というよりも、学校行事に使われ、また学業においては、勉強の出来る子と出来ない子の差が激しくなった。その現実として受験関係なく、塾には小学生と中学生の入塾者が後を絶たない。そして、出来ない子は、今まで以上に多く塾に通っている。ここで私は、現代の小中学生はゆとり教育によって、コミュニケーション不足になっているのではないだろうかと考える。ここで、私は決して単なるコミュニケーション不足ではないことを言っておきたい。なぜならば、普通のコミュニケーションならば、私達の時代よりも今の子ども達のほうが塾に通う時間などが増え、人と接する時間が増えているため、コミュニケーションの時間は増えている。私が言いたいのは、「無駄話コミュニケーション」である。私達の時代にあって、今の子ども達にないもの。それは「無駄話」の時間である。しかし、今の子ども達には無駄話の時間がないのだ。なぜならば、無駄話をしている余裕がないのだ。私的な時間が、塾から帰った自分の部屋にいる時間、夜寝る前などになる。そうなると、友人と無駄話をする時、携帯を利用したメールや電話といったコミュニケーションツールに頼るに他ないようだ。
これらのことを踏まえて、ネット社会と呼ばれる現代における子どもたちとメディアの繋がり、中学生・高校生と携帯の繋がりを調べていき、今後子どもたちと携帯電話のあり方やコミュニケーションについて考えていけたらいいと考えている。

posted by カトハルゼミ at 16:14| 社会学一般系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級ブランド論

1期生 上野

 名古屋人に比べ、ブランドという物に縁がない田舎で育ったためか、ブランドに興味がない。
他の周りの大学の友人や知人はルイ・ヴィトンから始まり、コーチ、グッチ、シャネル、ブルガリ,エルメスと様々なブランド品を持っている。その他にも通学中の電車内や大学の教室、ショッピングモール等で見かける。ブランド品のバッグや財布等を持っている人々の年齢を観察してみると、中学生、高校生、大学生、オフィスレディ、サラリーマン、主婦、高齢者など今やブランド品は「老若男女問わず」人気であることが理解できる。
しかしなぜ、何万、何十万もするブランド品を持つのかだろうか。その疑問をきっかけとしてブランドに関するあらゆることを調べ、考察していく。
 まず、ブランドとはそもそもどのような物を示すのか。何がきっかけで誰も知らない商品が<ブランド化>するようになるのか。いつからブランド品として世間に認識されるようになるのか。なぜ、価格が高いのか、高級といわれる所以、ブランドの定義などをルイ・ヴィトンやエルメスの年表や文献を参考にして、調べていく。
 また、ブランドが好きな男性や女性が参加しているmixiのコミュニティーやブログ、インタビュー記事などを参考にバッグや財布などを持つようになったきっかけとエピソード。興味を持ち始めたのは何歳なのか。好きな理由は何なのか。そして、ブランド品の価値を人はどのように見出しているのだろうかやブランド品を持っている人に対して、周りからどのように見られているのかを調査する。
 最終的に今まで調べたことをまとめていき、人にとってブランドの役割について迫っていく。様々な役割があると思うが、私は全ての役割において社会の荒波が関係していると考えている。

以上の内容を5章構成でまとめた論文である。

変わるおもちゃ〜進化するキッズトイ〜

1期生 増井

変わるおもちゃ〜進化するキッズトイ〜

主題と関心

 私は大学一年の春からトイザらス岐阜店でアルバイトを始めた。その中で強く感じたのが
「時代の変化と共におもちゃもまた変化している」という事だ。そこには単純な時間の経過だけでは
語れない<何か>があるのではないか。そこで「おもちゃの範囲」「おもちゃとメディア」
「おもちゃの本質」という3つの観点で分析する事で、「おもちゃ」とは一体何なのか、
また変化が意味する物とは何なのか考察し追求している。
 
 2章は【「おもちゃ」の範囲】として、「おもちゃ」の定義について展開している。
誰しもが<大人>になるにつれ「おもちゃ」から離れる。そこには「おもちゃ」=子どもが遊ぶもの
という暗黙の公式が存在する。ではドールや車、バイクのカスタマイズ・コレクションといった
大人の趣味は、「おもちゃ」遊びの延長や発展ではないのか。
これらの疑問をもとに、おもちゃの定義を明らかにしている。
 
3章は【「おもちゃ」とメディア】として、おもちゃとメディアの関係性について展開している。
おもちゃはメディア・ミックスによってその人気が左右される為、アニメ・漫画などの影響を
強く受けるのではないか。また「キャラクターマーチャンダイジング」という意図的に仕掛けられた
メディア・ミックスのシステムが存在する。その“意図”に子どもたちは単純に影響されているのか。
これらの疑問をもとに、おもちゃとメディアの関係性を明らかにしている。

 4章は「おもちゃ」の本質として、主題への追求を展開している。
発売日に在庫がなくなるほど人気の変身ベルト。子どもたちにとってそれは「おもちゃ」でなく
ヒーローがつけているベルトそのものであり、ただ装着するだけでは意味がない。
そこには「リアル」があるのではないか。
これらの疑問をもとにおもちゃの本質を明らかにしている。

以上の3つの観点からそれぞれ追求し、分析する事で隠された「おもちゃ」の核心を明らかにしている。
posted by カトハルゼミ at 16:09| スポーツ・余暇・娯楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターとコミュニケーションの関係

タイトル:キャラクターとコミュニケーションの関係

1期生 岡田

(主題・関心)
人は人と話す時、常に自分の姿を意識して過ごしている。
自分ならどう答えるのか、相手ならどう反応してくれるのか、それら固まってしまった相手の対応や定型文化された対応が、私たちの見えない枠を固めていく。
私たちは意識・無意識に限らず自分の望むような虚像=キャラクターを使い、そのキャラクターを柔軟に変化させていき成長をする。またその成長は虚像のみの成長だけでなく、私たち自身にも強く成長性を促し、私たちの考え方すらも変えていく。
その背景には、現代では欠かせないツールとなったパソコンや携帯電話などメディア媒体の急激な成長も強く影響しており、それら外部の影響と交わりながら変わっていった今のコミュニケーションの形態を分析していく。
個性、アイデンティティなど一昔前の重視されていた概念や、いつもの普段話しているときなど、私たちが当たり前のように感じていることが少しずつずれてきているということを明確にしていきたいと思っている。
参考として、現在流行している○○キャラや、マスコットキャラクターなどによる影響や様々な人との関係によって起こる事件なども取り入れていき、キャラクターの存在をさらに強くさせていく。また、流行などの発生もまた私たちのキャラクターという概念が大きく左右されているために起きているということにも触れていきたい。
キャラクターは着せかえるアイデンティティということを最終的に述べたいと思っている。
posted by カトハルゼミ at 16:04| 社会学一般系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。