2011年01月11日

地域活性化におけるメディアの役割


1期生 佐藤

人が作り上げていく社会、そして地域。その地域が形を変えつつある。人の集まるまちがあれば、逆に人の減っていくまちがある。そして生まれたのが<地域活性化>という問題である。シャッターの並ぶ商店街や、閑散とした街並みがメディアでは映し出されている。多くの地域でこのような問題を抱え、どうにかしようと奮闘している。
様々な場面で使われている<地域活性化>という言葉だが、人それぞれ考え方は違い、その実態はとても曖昧なものである。私が地域活性化として浮かべるのは、単純だがまちに活気があふれているというイメージである。正直に言えば、どうなったら「活性化した」と言えるのか分からない。ただ言えることは、現代人の多くが自分の住むまちのことをよく知らず、誇りを持つことが出来ないということだ。これは特に若者に言えることではないだろうか。実際の私がそうだったように。今思えば、自分の生まれ育ったまちを誇れないことは悲しいことだと思う。ただ何も考えずに都会にあこがれていた。私のような若者は少なくないはずだ。そういう人たちに1歩外から自分の住むまちを見直してほしい。
このような問題を解決するためにメディアが糸口になるのではないかと私は考えている。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなど、現代社会において様々なものへと形を変え、そしてどこにでも溢れているメディアという存在。誰もが接することができるものだからこそ効果があるのではないだろうかと思う。現代の人々はメディアという媒介を通して日々溢れる情報を取捨選択しているのだ。そして現代人の生活において切り離せない情報源であり、娯楽となっている。若者はインターネットやテレビで情報を得るし、高齢者は新聞やラジオを利用する。形は違うが、このメディアを利用し、普段交流することのない若者と高齢者のふれあいのきっかけに、今故郷に住んでいない人が故郷を思い出し、いつかは帰るきっかけにでもなればいいと考えている。高齢者は文化や歴史を守っていく力を持っているがそれを動かす力を持っているのは若者なのだと私は考えている。まちを活性化させていくには高齢者だけでなく、若い人の存在、そして相互の協力が必要なのだと私は考えている。
posted by カトハルゼミ at 18:58| 社会学一般系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。