2011年01月11日

インターネットによるコミュニケーションのクラウド化

加藤ゼミ 1期生 三浦

本論では「インターネットによるコミュニケーションのクラウド化」と言うタイトルの元に、インターネットが現代人のコミュニケーションにどのように影響し、人間関係にどのような変化をもたらしているかを読み解いていく。
まず1章はこのテーマ選択した動機を述べた上で構成を説明し、本論がどのように考察を進めていくかを理解してもらうことを目的としている。
2章ではネットコミュニケーションについて考察する上で理解しておくべき、インターネットの特性をまとめ、高い匿名性、距離・時間の制約からの解放、個人の情報化・断片化などといった、対面型のコミュニケーションではありえない特性があることを説明している。
3章ではインターネット空間の発達と情報端末(おもに携帯電話)の発達について述べている。近年では技術の開発もあり、インターネット上のサービスは実に多様となっている。そしてそれは我々のコミュニケーションに直接影響するものであり、電子掲示板、ブログ、SNSなどサービスが一体どのようなもので、コミュニケーションにどのように影響しているかを見ていく。後半では近年パソコン以上のネットの入り口もされている携帯電話の利便性とその魅力から我々のコミュニケーションへの願望を考察する。
4章では2章、3章の考察を受けた上でインターネットの登場によりコミュニケーションがどのように変化しているかを考え、同時にインターネットに限界を考察してく。
続いて5章では論文の全体を総括すると共に、現代人がインターネットとどのように関わっているか、どのようなコミュニケーションをしているか、そしてコミュニケーションの構造そのものが変化していると言うことを述べている。そして最後にインターネットとの関わり人とのつながりのあり方について主張をした上で、まとめにしている。

以上通り、本論は主題と構成を含めた5章構成となっている。
posted by カトハルゼミ at 16:00| ネット・ケータイ・コミュニケーション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

タイトル:コミュニケーションツールとスラング

2期生 安田

主題:コミュニケーションツールとスラング

個人研究sub03.doc

 私達は標準的な言語と同等に、気づかないうちにスラングを使用している。
 そのスラングはインターネット内のオンラインコミュニティ上で無数に増え、共有されている。
 コミュニケーションツールの発達によりグローバル化が進み、コミュニケーションの幅が広がった、自分の持ちうる「社会集団」が大きくなったと思われているが本当にそうであろうか?
 コミュニケーションツールの発達は、より排他的、選民的な社会を生み出しているのではないか?
 そういった背景を若者言葉としてのスラングに注目して考察した。
posted by カトハルゼミ at 14:13| Comment(0) | ネット・ケータイ・コミュニケーション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル:うつ日記

二期生 加藤

自分の関心・主題
パソコンや携帯電話などの情報メディアの発達により、我々はいつでもどこでもインターネットを利用することができるようになった。それに伴い若者のコミュニケーションは大きく変遷することになった。SNSや個人ホームページの広がりでだれもがウェブ日記の作者となれる時代、そこに現れた「うつ日記」という存在。人はなぜデリケートで内面的なことをウェブに公開するのか、そこに潜むメリットとデメリットについて迫っていく。


若者のうつ日記(4).doc
posted by カトハルゼミ at 14:07| Comment(0) | ネット・ケータイ・コミュニケーション系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。