2011年01月11日

変わるおもちゃ〜進化するキッズトイ〜

1期生 増井

変わるおもちゃ〜進化するキッズトイ〜

主題と関心

 私は大学一年の春からトイザらス岐阜店でアルバイトを始めた。その中で強く感じたのが
「時代の変化と共におもちゃもまた変化している」という事だ。そこには単純な時間の経過だけでは
語れない<何か>があるのではないか。そこで「おもちゃの範囲」「おもちゃとメディア」
「おもちゃの本質」という3つの観点で分析する事で、「おもちゃ」とは一体何なのか、
また変化が意味する物とは何なのか考察し追求している。
 
 2章は【「おもちゃ」の範囲】として、「おもちゃ」の定義について展開している。
誰しもが<大人>になるにつれ「おもちゃ」から離れる。そこには「おもちゃ」=子どもが遊ぶもの
という暗黙の公式が存在する。ではドールや車、バイクのカスタマイズ・コレクションといった
大人の趣味は、「おもちゃ」遊びの延長や発展ではないのか。
これらの疑問をもとに、おもちゃの定義を明らかにしている。
 
3章は【「おもちゃ」とメディア】として、おもちゃとメディアの関係性について展開している。
おもちゃはメディア・ミックスによってその人気が左右される為、アニメ・漫画などの影響を
強く受けるのではないか。また「キャラクターマーチャンダイジング」という意図的に仕掛けられた
メディア・ミックスのシステムが存在する。その“意図”に子どもたちは単純に影響されているのか。
これらの疑問をもとに、おもちゃとメディアの関係性を明らかにしている。

 4章は「おもちゃ」の本質として、主題への追求を展開している。
発売日に在庫がなくなるほど人気の変身ベルト。子どもたちにとってそれは「おもちゃ」でなく
ヒーローがつけているベルトそのものであり、ただ装着するだけでは意味がない。
そこには「リアル」があるのではないか。
これらの疑問をもとにおもちゃの本質を明らかにしている。

以上の3つの観点からそれぞれ追求し、分析する事で隠された「おもちゃ」の核心を明らかにしている。
posted by カトハルゼミ at 16:09| スポーツ・余暇・娯楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

タイトル:お笑いブーム考察

2期生 

〈主題・関心〉

 ★昨今のお笑いブームと社会
 現在のテレビを見ていただきたい。どの番組を観ても、決まって目に付くのは“お笑い芸人(お笑いタレント)”である。それはもちろん、お笑い番組、バラエティ番組からニュースの司会、NHK教育番組にまで、顔を出している。
 現在、2010年時点では、ネタ見せ番組も数を減らしたが、それでもお笑い芸人を見かけない日はない。 
また、世間のなかにもお笑い芸人(お笑いタレント)が出現するようになった。
私たち一般人のコミュニケーションのなかに「で、オチは?」「そこはかぶせるとこでしょ!」「グダグダじゃねえか!」「ノープランすぎるでしょ!」「無茶振りすぎるわっ!」などのお笑い用語が飛び出すようになった。だれもがその場でコントをやっているかのような感じだ。

 2010年時点で、ブームは静まりを見せ始めている。しかし、依然、「お笑い」が冷めようのない熱を持っているのではないか?
私はこの社会現象を、単なるブームではなく、“お笑い”というものが社会に根付いたのではないか」と考える。
 
この論文ではまず、お笑いブームとは?そして現在のブームとは?を説明する。
次に、いかにして今のお笑いブームが構築されたか?を、1.お笑いを供給する側 と 2.お笑いを受容する側 から分析し考察する。
そして、今後のお笑いブームと、上記太字の根拠を説明していく。

個人研究 岡.docx 
posted by カトハルゼミ at 13:47| スポーツ・余暇・娯楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル:メディアから見たスポーツ

3年 南

〈主題・関心〉
 私たちの生活においてスポーツは大きな位置を占めている。そして多くの人の場合、テレビなどのマスメディアを通じてスポーツとの関わりを持っているはずである。現代のスポーツというのはテレビや新聞、ラジオといったマスメディアの存在抜きには語れない。
 特にテレビはスポーツの存在を大きくし、ビジネスとしても相互依存の関係になっている。スポーツはますます組織化され、商業主義的になり、放映権料などスポーツとメディア、あるいは企業との間で動くマネーは年々増大している。そのスポーツビジネスの2本の支柱であるテレビとスポンサーはスポーツイベントの形式とやり方に強い影響力をもち、スポーツはそのテレビやスポンサーの要求にあわせて変容してきている。それにともない、選手たちを取り巻く環境も変化している。
 そこで、この個人研究では、メディアからスポーツを捉え、スポーツの商品化、スポーツを取り巻くマネーの動き(スポーツマネジメント)、そこから生じる加工・演出されたスポーツについて論じる。


posted by カトハルゼミ at 13:42| スポーツ・余暇・娯楽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。